[コラム] いおかゆうみの「ちぐはぐな日々。」 (2012年11月号)

| | トラックバック(0)
うちが住んでる寝屋川という街は京阪神の中でも治安が悪い方らしいです。こないだ教習所の先生が言うてました。ひったくりが一日十件はあるから気をつけてねー。って。

まあ、寝屋川だけでなく、夜道には気をつけた方がいいですね。
夜っていうのは黒いから、隠しやすいし、隠されやすいからね。だから、寂しくなるんかなあ。

こんなん言うてますが、うちはあんまり夜道とか暗い場所とかこわくなくて、自分には何もないやろうっていう油断だらけの人間ですから、こないだも楽しく、夜中に家から駅までテクテク歩いてました。

街灯はポツポツ、小さいコンビニはもう閉まってて、人も少ない道。

さっき言うたように、夜は大体を隠してくれるから、うちも些か開放的な気分になって、その日出来たうたを歌いながら歩いてた。


ええやん、これええやん。
って思いながら歌っとったので、誰とすれ違っても関係ない。最強。


そしたら前から、変な音。
こちらへ向かってくる、変な音。


なんやようわからんけど、どうせ携帯から音楽垂れ流しで歩いてはんのやろ。気持ちよう歌ってんのになあ。


とか、思いながらも、変わらず歌う。うたを歌う。お互い垂れ流しのまま、ズンズン歩く。


ついに鼻の形がわかるぐらいまでの距離に。


そしたら、なんと、


その人の右手には電気シェーバー。

電気シェーバーの先にはその人の顎。


               あらまぁ!


それでも歌うのやめへんうちの顔見て、

髭剃り男も、


              あらまぁ!



つまるところ、夜はこわい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [コラム] いおかゆうみの「ちぐはぐな日々。」 (2012年11月号)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fireloop.net/magazineadmin/mt-tb.cgi/614