[コラム] Original Rock System E上の「代打でフォアボール」 (2012年11月号)

| | トラックバック(0)
どうもー、ファイナルファンタジーの事を「FF」と呼ぶか「ファイファン」と呼ぶかで論争となりバンドが解散しかけた者です。
と言うわけで、先日部屋の大掃除をしていたらCD入れの棚の奥底からポロッとGLAYのアルバム「pure soul」が出てきた。僕は12歳の時に自分の小遣いで初めて買ったCDがGLAYの「BELOVED(アルバム)」で、中学生時代の部屋はGLAYのポスターだらけ、学校の机には「GLAY JIRO SOUL LOVE」と彫る健全な中学生だった。そこで、懐かしさから15年振り位に「pure soul」を聴いてみた。すると、ヒク位よみあがってくる中学時代の思い出達。通ってた塾でバイトしてた年上の女子高生が好きだった事、好きだった子に「GLAYのCD貸して!」と言われ家にある1番おしゃれな袋に入れてオカンの香水をふりまくって貸した事、野球の試合でバント失敗してアゴが割れた事etc......。。しかし、そんな懐かしい感覚だけではなく、現在pure soulが発売された時のGLAYと同年齢に達している今の自分には分かり過ぎる歌詞の数々。深い! 深すぎるぞTAKURO! そして老けなさすぎるぞHISASHI! ここに来てTAKUROの奥深さが分かってしまうなんて石井琢郎の引退と何か関係があるんだろうか。そんな感慨に浸りながらpure soulの再生が終わろうとしている頃、上記にも記した初めて買ったBELOVEDのアルバムが聴きたくなって、家中を探したが見つからない。現在バンドをやるキッカケにもなっている様な大事な1枚なのに。2~3時間探しても見つからず、どうしたものかと思っていると、甦ってくる中学時代の思い出。

借りパクされてる......。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [コラム] Original Rock System E上の「代打でフォアボール」 (2012年11月号)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fireloop.net/magazineadmin/mt-tb.cgi/609