2012年10月アーカイブ

とにもかくにも初めて触った楽器はピアノでした。
ピアノというても、電気屋さんに置いてあるようなやつで、キーボードっていうんかしら。値段やらはよう知らんけど、そんなにちゃんとしてないやつ。
今回からコラムのページにお邪魔させてもらうことになりました、地球のゴミ、基、ゆかわまりを、です。楽しみにしてもらえるコーナーになるよう、ガムバリマス、よろしくお願いします。
「飛べー!不死鳥ー!」って叫びながら目が覚めて、夢か......ってなりました。

よくあるんです。僕、寝ぼけ癖がすごいんですよ。
寝ぼけてるってか、基本的におっちょこちょいなんです。

しっかしこれ、この、部屋のそこかしこに落ちとるカールしとらんほうの毛は、
これすなわち我が頭部から抜け落ちた毛髪だという驚愕の事実よ。君は信じるかい。
ヘキドロホニョゾ族についての見解

おはこんばんち、ウパルパ猫dogプロペラ猫dogいぬのギターあんどボーカルプリンともうします。以後お見知り置きを。
あのね、「ヘキドロホニョゾ族」というのはわたしが考えた言葉やねんけど。
自分の話を延々し続ける人のこと。
みんなのまわりにもいるでしょう。
どこにでも出没するからヘキドロホニョゾ族は。

どうもー、EXILEの偉い人と上戸彩が結婚したので今月からダンスを始めようと思う者です。

[ディスク] Local Area Party / POPURA no EDA

| | トラックバック(0)
LAP_popura.jpg
収録曲数: 5 songs
定価:1,000yen
発売日: 2012.09.06
販売方法: ライブ会場

[ディスク] 弦太 / 過ぎ去りし夏の詩

| | トラックバック(0)
genta_sugisarishi.jpg
自主盤
品番: KRGT-0002
収録曲数: 4 songs
定価: 1,000yen (tax in)
発売日: 2012.10.06
販売方法: ライブ会場

[ディスク] the crickets / happier/unlucky boy

| | トラックバック(0)
thecrickets_happier.jpg
自主盤
収録曲数: 2 songs
定価: 500yen (tax in)
発売日: 2012.09.01
販売方法: ライブ会場

[ディスク] AX LITTLE CITY / Little by Little

| | トラックバック(0)
nowprint.jpg
自主盤
収録曲数: 5 songs
定価: 500yen (tax in)
発売日: 2012.10.21
販売方法: ライブ会場

Fireloop出演日:10/21
intv_ax201210.jpg■AX LITTLE CITY結成のきっかけを教えて下さい。
YO-NE(vo/gt):僕とえーじがバンドのやるつもりで大阪に出てきて(当初は一緒にやるつもりはなかった)、いつの間にか一緒にやろってなってたかんじです。
■結成当初のエピソードは何かありました?
しゃちょー(ba/cho):俺がEGG BRAINのTシャツ着てた話良いの?(笑)
YO-NE:しゃちょーは、メンバー募集で知り合って、初めてお互い会う時にいつも通り遅刻してきました。そのへんは今と変わんないです(笑)。
しゃちょー:いつも通り寝坊して1時間遅れて行きました......。
YO-NE:でもEGG BRAINのTシャツを来てきたんで、えーじも僕もその段階でほぼ決まりだなってなりました!
しゃちょー:遅刻を帳消しにする程のパワーがあるEGGのTシャツ凄いなーと思いました(笑)。
■その時からしゃちょーパワーを発揮していたわけですね。さすがです!笑
結成後の活動はどういう形で動いていったのですか?

しゃちょー:最初は別でボーカル入れるつもり?やったんです。とりあえずは3人でスタジオ入って曲作って、決まったらすぐライブ出来る状態にしとこーってなって。
YO-NE:でも今は特にメンバー募集は積極的にはやってないです! 理想ではもう1人ギターがほしいですけど(笑)。
■それはアレンジの幅を広げたいということ?
YO-NE:そうです。結成したころからそういうイメージがあったし、曲もそういった感じで作ってます。
■なるほど! では、今後もギター募集中ってことですね?
YO-NE:でも今は三人でいけるとこまでいこうってのが強いかもしれないです!
■期待してます!! AX LITTLE CITYの強い結束力はどういう所で生まれていますか?
YO-NE:結束力っすか? なんだかんだ仲が良いってのはあるかもしれないです! 他にあんまかっこいい答えが出てこないです(笑)。
■仲が良いのは一番いいことですね! では、今後のAX LITTLE CITYの予定を教えてください。
YO-NE:まずは10/21のFireloopでの企画と、2nd demoのレコ発が僕らからするとかなり重要な事なんで、そこは今まで以上に気合いが入ってます。2ndを出してからは出来るだけたくさんライヴをしたいんで11月と12月は本数を今まで以上にこなそうと思ってます。
■スケジュールを見ると気合い入ってますよね! 今回の2nd demoはどういう作品ですか?
YO-NE:2ndはずっとライヴでやってた曲が中心になるんですけど、1stがけっこう勢い押しな所があったけど、今回はけっこうバランス取れてるかなって勝手に思ってます。今回の方が僕的にはAX LITTLE CITYっぽい作品だと思います。
■やろうとしてることが良い形になったということですね! 初企画「AXSTOCK fes' 2012」ですが、出演バンドはどういう風に決めました?
YO-NE:本当に僕らが大好きなバンドばかりを誘った感じです。たまたま似たバンドがいないというか、それぞれ違ったサウンドを持ってるバンドが集まったんですごい楽しみです。
■僕もすごく楽しみにしています!では、今後の目標を教えて下さい。
しゃちょー:とりあえず今年はすることも決まってると思うんで、来年からですねー。活動の規模とか幅も広げつつ、バンドとしての価値とか実力も上げていけたら良いですね。あと僕は背を伸ばします、YO-NEはもう少し痩せるみたいです(笑)。

2012年10月号 もくじ

| | トラックバック(0)