[コラム] Fireloop店長野津コラム「monthlyチャリ通」 (2012年09月号)

| | トラックバック(0)
ドラクエを買っていない。

ということで、先月declareしたように今月は演出の話をしてみようかと思っている。そう思っている。...そう思っているんだ!
このくだり何なんですか?ってたまに聞かれるんですが、クローズとかWORSTって漫画によくある言い回しです。スネ夫。...骨川スネ夫だ!みたいな。

演出の話するー!演出家ではないから、そういうルールとか鉄板の法則とかは知らないけれどね。あと、バンドによってやることは全部違うと思うので、これをやりゃあいいって話ではないです。ライブでよくよくあるパターンとして、2曲やってMC2曲やってMC2曲やって終了、みたいな。まだキャリアの浅いバンドなら、まずこのベタなパターンから始めて、そこから自分たちなりの魅せ方を探っていくと思うんですけど、まずここでMCっているんかって話です。誰かが言っているような事しか言えないとか、それホンマに思ってんのかよ嘘くせー、とか思われるようなMCをするぐらいなら曲やったほうが絶対いい。MCする人ってフロントマン=ボーカルが多い訳で、一般的に作詞している確率も高いと思うんですが、その割にMCをあんま考えずにその場のノリで喋ってる人が多い。しかも何かテンションだけでってパターン。その場のノリで面白いことが言える人って、それはもう才能なので。人柄っていうか。あれはそうじゃない人が同じような事をしようとしても無理。ちゃんと考えましょう。ラジオDJさんとかが曲入りの前に話すこととか、うまくハマるとその曲を聞く気持ちも変わるでしょう?そういう事かなと。スベってる人もいますよ?とかいう人もいるかも知れません。それは努力不足です。認めざるを得ないところです。ノーMCってバンドもいますけど、それも自分たちのカラーに合っているとか、それが説得力に繋がるのならアリです。喋るの苦手だからってのはダメです。それなら喋らない方がカッコいいようにバンドを磨くか、喋る練習をしましょう。そう、ライブリハって言う割にMCは「ここでちょっと喋って...」とかで流しちゃう現場もよく見かけます。ちなみに、はっきり喋れるのに越したことはないですが、ボソボソとした喋り方でも本当に「らしい」事を言えているのであれば、それはOKだと思います。ハキハキと「手垢のついた」事しか喋ってないのが一番寒いと思う。あ、それなりにファンの付いてるバンドが全然面白くないMCしてるのに前列の方のファンだけが盛り上がってて、それに頼ってる風景とかもう最悪だ。そのレベルでそこに落ち着くんかい!って。
曲と曲のつなぎ方もとても大事。一曲一曲ブツブツ切ってやっててカッコいいバンドを見た記憶が無い。バーっと続けてやるから攻撃力が上がるとか、4カウントじゃなくて1カウントで入って意表をつくとか色々あると思うので。
んで、これらと凄く密接に関わるのが照明。有名なバンドでお付きの照明さんがいるとか、しょっちゅう演ってるホームのライブハウスなら担当さんもわかってくれてるかも知れませんが、リハーサルで照明の注文してるバンドがあんまりいないなあと思います。曲によってこういう色にしてください、とかはセットリストに書いてあったりはしますが、より細かく注文しましょう。MCでも「ここでこういう事を言って、こういうアクションをするので、こういう照明を当ててください」とかね。照明担当さんのプライドをくすぐるぐらいでOKだと思いますよ。
リハーサルでは音響チェックがメインかと思いますが、出来るだけそれをテキパキ進められるように事前に準備して、照明を確認する時間も取るようにするといいと思います。
そういう事前の準備をしっかりやったうえでの、ライブ本番でのアドリブだと思うので。
まあ、こういった事って理想論というか、理論値みたいなところも多分にあるとは思いますが、やれるだけやりましょう。じゃないと後悔するでしょ。
ステージに上がって例えば30分で自分たちを伝えるわけで、物凄く下世話な言い方をしたらファンを増やしたいわけです。というわけで無理から例えるなら、「好きな異性に告白する」時に近いんじゃないの?みたいに思います。ムードを作って、ドラマチックな方が成功すんじゃないの?と。とか脳みそグリグリ使いまくったうえで、自分たちの魅せ方にたどり着いてもらえれば。
少なくとも僕はそういう所にたどり着いたバンドのライブがカッコいいと思っています。

んで、定期的にメンバー全員で自分たちのライブ映像を見てみるといいと思います。
俺達のライブって30分見てておもしろいか?こういうライブならまた見に行きたいって思うか?って考えながら。

最後に、今月でお陰様でFireloop11周年を迎えることになりました。ありがとうございます。浮かれる理由なんかなにもないので、これからもより面白いイベントを企画して、Fireloopなら見に行くって言ってもらえるように頑張ります。よろしくお願いしますーm(__)m


Fireloop店長:野津

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [コラム] Fireloop店長野津コラム「monthlyチャリ通」 (2012年09月号)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fireloop.net/magazineadmin/mt-tb.cgi/577