[インタビュー] ホシヲ(JUNIOR BREATH)×そうた(つちのこ) (2012年06月号)

| | トラックバック(0)
JUNIOR BREATH & つちのこ!
未少年の夢と名づけられた異色のスプリットが発売!
ボーカル同士の対談で迫る。

ホシヲ:つちのことして初の全国流通盤になるけどどんな気分だい?
そうた:単純に嬉しいっす。頼んだら手に入れられる状況なんですよね? それってすごいですよ。ほんで、全国流通をかけるってことで、僕が知らないところで、いろんな場所とか時間とか年齢とか関係なく聴かれるじゃないですか。いつもは、正直お客さんというよりは、自分の感情しか考えてなかったんで。それがなんか新鮮でした。
ホシヲ:唄そのものが自分で聴いてみて違うってことなのかな?
そうた:いや、それは一緒なのかもしれないです。録るときの心持ちです。自分では分からないですからね。
ホシヲ:今回収録している3曲って、つちのこのキラーチューンって呼べるものだし、昔からやってる曲だったりするでしょ。そこが、満を持してって感じがしていいよね。
そうた:なんでこの3曲になったんやっけな。忘れたなあ。
ホシヲ:最初、星屑円盤社から話があったときにどう思った?
そうた:今の僕らには、おいしすぎるって思ったんですけど、みっちー(ba)は俄然乗り気だったっすけどね。なんで俺らが!?って思いましたね。
ホシヲ:JUNIOR BREATHとやるってとこに関してはどう?
そうた:僕個人としては、ずっとみてるバンドやしお世話になってるし、JUNIOR BREATHは周りを巻き込んで楽しみを与えてくれるから一緒にツアー行くのとか楽しいやろうなって。シンプルにそう思ってます。
ホシヲ:外側から見たらジャンルも違うし、なんでこの2バンドがってところがあるのかなって思うんよね。こちら側はそれを狙ってるんだけどね。
そうた:日本語やったら全部一緒ですからね。ジャンルとかじゃなくて。僕の中ではそうなんです。
ホシヲ:日本語のオリジナリティとか力とか美しさとかってところが共通項かなって思ってて。スプリットってバンドごとに分けて聴いてしまいがちやけど、ひとつの作品として聴いてほしいって思ってるんよ。CDをMP3とかにして取り込んでしまったら好きなほうしか聴かないかもしれないけど、1回目は通して聴いてくれるかなって。このアルバムは、6曲で成り立っているものやからね。
そうた:曲順が面白いですよね。交互に出てくるっていう。1曲目がまさかのつちのこっていうのは驚きました。CDを作って出しているバンドのみなさんたちが言うように、完成していかないなって思いました。CDのレコーディングが終わってから旅に出たんですよね。今唄うたったらその影響も出るだろうし全然違うものになると思います。でも、今回録ったものは、そのときにしか録れなかったものだと思うんです。だから、その機会をもらったのは本当にうれしいことですね。
ホシヲ:CD屋に並ぶんやで。これが。
そうた:楽しみ。本当に楽しみ。いいライブしにいろんなとこにいってたくさんの人に聴いてほしいと思います。あのジャケット見たらさらに楽しみだし。みんなに買ってほしいって素直に思います。通して聴くと分かりますけど、この2バンドで作ったから価値があるものになりました。一気に聴いてほしいですね。
ホシヲ:どういう反応が来るか楽しみだね。スプリットツアーいいものにしよう!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [インタビュー] ホシヲ(JUNIOR BREATH)×そうた(つちのこ) (2012年06月号)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fireloop.net/magazineadmin/mt-tb.cgi/528