[コラム] Fireloop店長野津コラム「monthlyチャリ通」 (2012年06月号)

| | トラックバック(0)
果たしてこのコラムがいかほどの読者数を獲得できているのか甚だ不安でしかないわけだが、みんな元気?俺、元気ハツラツ。
どういう事を書いたらみんな喜ぶんかな?読みたいと思うんかな?そもそもこのコラムを読んでくれてるのはバンドマンとかライブハウスの人が多いのか、はたまたライブハウスでこの冊子を手に取って下さったあなたなのか、それによって多少変わる訳であるが。

とりあえず、じゃあグサッと一発いっときましょうか。
ライブハウスってのはなぜこんなにたくさんあるのか。メカニカルタウン大東京に比べれば、まだまだ少ないとはいえ、大阪で生演奏を聞けるスペースはたくさんある。ちなみに東京は渋谷だけで40軒とかいう規模なので恐ろしい。
そんなにたくさんライブハウスがあるのは、自分が現時点で行き着いたひとつの考え方として、「それだけたくさんの音楽との携わり方」を志向する人がいるということ。ひとえにバンド・ミュージシャンと言っても、いわゆる完全プロ志向とアマチュア志向があって、それはどっちが上とか下とかじゃない。その中で、特にプロ志向、音楽で飯を食っていこうって人たちに対してどういったアイディアやサポートを提示できるかってところで、それぞれのライブハウスのカラーがあって、そこで初めて「そのライブハウスが存在する意義」というのが見えてくる。ポリシーとか信念とも言うか。そこをさらに深く掘り下げると、パンク・ロックンロール・メタル・SSWとか特定の音楽ジャンルに特に強力なバックアップの出来る所とかもあったりします。
なので、「ブッキングライブに参加しませんか」っつって、ノルマと日程を幾つも羅列してくるようなメールを送ってくるようなところは、そういう"ライブハウスとしての信念"とかが無いと思ってる。あるとするなら「金儲け・ビジネス」というところか。とはいえ、どのライブハウスもビジネスであることには変わりない事ぐらい理解してる。ボランティア団体じゃないからね。ただ、それに関してギリギリまで己の信念を貫けないようになったら終りじゃないかね、と。少なくともそのバンドがMySpaceやYouTubeなんかで音源を公開してるならちゃんと聞く・全国流通作品があるなら買う・サイトでバンドのキャリアなんかにも目を通すなどしてから、こちら側もライブの概要を提示してオファーすべきだ。なので、先述のようなライブハウスに関して、個人的には「ライブハウス」だとは認識してない。あれはね、「お金儲けが目的です」って言わない限り「自称・ライブハウス」やね。「自称・経営コンサルタント」ぐらい胡散臭いよ。あとあれだ、イベンターみたいなやつ。一般のファンの人たちが聞いたことあるところはプロモーターってやつなので、そことは違うよ。そうじゃなくて、それぞれのライブハウスが定めている通常ブッキングノルマよりも高い金額設定をして、手当たり次第にバンドをかき集めるようなアレね。あれは酷いと思うな俺は。突っ込んで苦言を呈するのであれば、受け入れているライブハウス側にも物申したいところ。これについては、今コレを書きながらもっと建設的なアイディアを思いついたので、そのうち形にしてみようかな。このままじゃあ、あんまりわかってない人をターゲットにしたあくどい商売じゃないか。もっと酷いのもいて、「CD出しませんか?」とか「全国流通オムニバスCD云々」ってやつやね。あれはほぼほぼ詐欺みたいなもんだから、気をつけましょう。キャリアのあるミュージシャンはメールの件名だけで読まずに破棄したり、迷惑メールフォルダに突っ込んだりしてるだろうけど、これもまだ認識の浅い人たちはつられてしまいがちなので。
あ、もう一つ思い出した。これはライブハウスにもバンドにも、たまに認識の甘い人がいるんだけど、「あなたが知っている"Aさん"の連絡先」は、そのAさんに無断で他人に教えたりしたらアカンで。教えるならちゃんとAさんの了解を得てからじゃないと。Fireloopには今はスタジオも併設されていて、ライブハウスのFireloopには出演したことないけど、スタジオは利用している、というバンドさんもいる。でもスタジオ利用に際して受け取った連絡先からライブのオファーをしたりすることは絶対にない。まあ、そういうことです。

これはまた敵増える感じの事言ったかな。別に構わんけど。
という感じで、今回はだいぶトゲトゲしい内容になってしまったかもしれませんな。
来月はもうちょっとポジティブな内容にしたいなー。ではまた来月。


Fireloop店長:野津

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [コラム] Fireloop店長野津コラム「monthlyチャリ通」 (2012年06月号)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fireloop.net/magazineadmin/mt-tb.cgi/538