[特集] 「ピン 2012春の陣 ゴールデンウィークSP」(2012年05月号)

| | トラックバック(0)
与えられた時間は10分。一つの楽器を使いまわして、全てをかけて歌う。ピンというイベントは果たしてなんなのか?東京からROCK ALONEを輸入して早4年。初の2店舗開催に挑戦する2人が語る。


ホシヲ:気がつけば、もう始めてから4年になるんだよ。
阿宅:へえ、この形のピンの1回目俺も出てる。
ホシヲ:東京でブルボンズのタクミブルボンが始めたイベントをこっちに輸入したんだよね。完全にやってることは一緒やからね。東京からROCK ALONE代表が8人、大阪からピン代表が17人で計25人2曲勝負。それが、2008年の6月9日ロックの日のこと。
阿宅:最近、Fireloop2001で飛び入りやってるやんか。あれとはまた違うね。なんというか、プレッシャーがすごい。俺も最後の5人でやったことあるけど、あの時の楽屋はやばかった。誰も口聞かへん。
ホシヲ:ピンてどうしても特殊なイベントやから苦手な人は苦手やと思うねん。でも、僕自身がROCK ALONEに出たことによって変わったことがあったんだよね。人間関係しかり、唄への意識しかり。すごい人は10分どころか5分あれば充分人の心を掴んでしまうからね。歌い手としてその感覚を広めたいなってとこから始まってる。
阿宅:せやな、面白いイベントやけどいつもと全然様子が違う。今回は2001の方から、完全に一人でやってる奴等も結構参加するから面白くなりそう。
ホシヲ:しかも、今回は初めての2店舗同時開催。参加者60人越えの2曲勝負。言ってみたらあれですよね、ピンフェス!
阿宅:ピス!
ホシヲ:ピフェ! 普段阿宅がブッキングしてる人たちと、僕やKAZUYAや、ハルキがブックしてる人たちをいっぺんに見れたらおもろいやんかと。
阿宅:相変わらずえぐいこと考えるよね。
ホシヲ:せっかくのGWやからね。なかなか普段の平日じゃできないでしょ、これは。
阿宅:お客さんには昼から遊んでもらう感じで。全部は見れないかもしれないけど、そこもフェスの醍醐味ってことで。
ホシヲ:まさかの参加表明!みたいなやつも何人かいるからね。東京から来てくれる人とか久しぶりのやつとか。
阿宅:続けてきたからこそだろうね。馬鹿馬鹿しいイベントだけど、なかなかないもんね、こんな阿呆みたいなイベント。
ホシヲ:今回の2店舗開催ですごいのが、本店と2001を同時稼動させた後に、最後の12使徒にたどり着くというところやと思うねん。
阿宅:最後の12使徒ね。ここにかかるプレッシャーははんぱじゃないと思う。
ホシヲ:要は仮に最終参加人数が60人だったとすると、本店で24人、2001で24人が熱演した後、最後の12人が本店でやるというシステム。力が一挙に集中するというね。イベントメイクが問われる。言ってみたら、2001のトップやらトリやら、本店のトップやらトリやら、12使徒のって考えていかなくちゃいけない。
阿宅:鬼やな。最後のトリとか絶対いややわ。
ホシヲ:え、阿宅さんやと思ってたわ。
阿宅:断る!
ホシヲ:歌を歌うことってすごく楽しいことだと思う。それは間違いない。ROCK ALONEにぶち当たったときの衝撃ってのは間違いなくそこに力の差みたいなものがまざまざとあったってこと。それって歌とかステージに立ち向かうときに意識するのとしないのとって全然違うと思うねんな。
阿宅:せやな、普通にライブしてても、今日は完全に負けた!って思うときってあるもんな。それを自覚できないと次には進まれへん。それが、こんな状態で裸にされたら尚更あるよな。
ホシヲ:実際、ピンに何度も参加しててドンドン後半に食い込んでいってるやつもいるんよね。うまくやるとか、もういってみれば売れるとかっていう側面じゃなくて、歌い手としてのタフさが問われるんよね。
阿宅:俺は単純にたくさんの人の歌が聴けるのは楽しいなって思うわ。当たり前のことなんだけど、人によってこんなにも違うってのを改めて痛感するし、そこからの発見もあるよね。
ホシヲ:ピンっていうイベントはさ、せっかく音楽を好きになって、歌ってるんやしもっと真剣に遊ぼうぜ!っていう提案でもあるんやわ。ほら、キャンプのときとかにみんなで歌うの楽しいやん。
阿宅:やってる方は、あんなに平和ちゃうけどな。
ホシヲ:まあな。でも、キラーチューンを持っている人の出番になると結局みんなで歌ってたりするやん。
阿宅:弦ちゃんとかな(笑)。
ホシヲ:弦ちゃんは、僕に続いて最多出場じゃないかな。その次が今回は出ないけどキングフランケンシュタインのRYO-KINGだと思う。彼らみたいなしっかり仕事して音楽やってる人たちがすごい歌を歌ってるってのも続けてきた要因のひとつかもしれないな。「真剣に音楽やってます!」って口で言うのは誰でも出来るからね。じゃあ、弦ちゃんよりすごい歌を歌わないとって。僕も含めてね。
阿宅:なるほどね。2001に出てる人は結構そういう人多いわ。いわゆるサラリーマンやってて歌ってる人とか。でも、普段ライブバーとか出てる人ってすごい弾き語りのスキルが高い。バンドマンとか云々じゃなくていち表現者としてどれだけやれるか、自分を試す場としてももってこいだと思うわ。俺は、10分の方が30分より難しいと思うし。
ホシヲ:そうだね。まさに。10分で自分の全てを爆発させる。1曲勝負だと、ちょっと違う。75人1曲勝負とかもやったけど、このイベント4年やってきて、2曲っていうのが一番難しいし、見ていて面白い。白黒がはっきり分かれるよね。
阿宅:しかし、よくやるよね。こんな過酷なイベント。
ホシヲ:他人事ちゃうで! ピンのお誘いメールは、いつしか赤紙と呼ばれるようになったんだけど、大袈裟かもしれないけど戦場やと思うねん。それに、また出してくださいとか、今度は誘って下さい!って言われるとやめるわけにはいかないよね。だいぶメンバーも入れ替わったなあ。
阿宅:それでもレギュラーで即答してる人たちがいるんやんね。単純に知り合いも増えるよね。
ホシヲ:そうそう、ピンで出会ったことでいつの間にか仲良くなってるやつとかいるしね。企画やりますって言い始めたりとか。ピンっていうのは、多分、特殊な機会なんで一期一会を生かせる人は持って帰るものも大きいと思う。
阿宅:最後の12人、選ぶ方もプレッシャーやないかい。
ホシヲ:あ、そこは、阿宅さんが。
阿宅:うおい! 総帥よ! あんたがきめなはれ!
ホシヲ:そこは話し合いということで......。初登場も多数登場するし、お馴染みのあの人たちも歌います。今回も最高にぶっとんだラインナップでお送りします。GW中日、来ていただける方は、是非Fireloopで歌まみれの楽しい時間を!
阿宅:12使徒含む、タイムテーブルはお客さんには当日発表です! 昼過ぎから楽しみましょう! よろしく!


05/04 FRI
Fireloop presents ピン2012 春の陣
GWスペシャル!66人2曲勝負!
※Fireloop2001との2会場同時開催です。


【十二使徒】
ホシヲ(JUNIOR BREATH)
阿宅ユウスケ(チャー絆)
ギン(悪戯をして捨てられてしまった子供たちの楽団)
筒井トシアキ(ラウンドヘッド)
にたないけん(ずぶぬれシアター)
村島洋一(サモナイタチ)
ざ・なかじま
Nonsugar
弦太
ショウジョウハイライト
旭克隆
井澤聖一(モケーレムベンベ)

【Fireloop】
yu-Kai-han / 暗闇ひとりぼっち / こうちゃん(エンプティパンクキン) / いっけん2012?初夏? / 岩井詩織人 / 大地(ユトラレ。) / machi / 坂元亮(藤沢アンダルシア) / 伊集院香織(みるきーうぇい) / 小西(蝶と殺人鬼) / ガリ(シャトルランニングス) / satoko / 吉田恭兵(蝶と殺人鬼) / なかみねしょー / ベンジャミン(Xenophobia) / ささかわおすし / みぽりんぶれす / ヒデキ(フェミニン☆) / 田中雅紀(CHARTREUSE) / 寺澤尚史(BLENDY MOTHER FATHER) / みっちー(つちのこ) / イシカワリニスタ(The BEG) / サク・ディラン / wako / 濱本健児(Woodroom) / 岩井空海人
【Fireloop2001】
オノサピエンス / ウスイアユミ(ドドド) / MEEM / 上村恵 / 伊藤慎治 / 澤野隆太(koila) / ゆかわまりお / いさゆき智 / ゆusuke / 竹田真哉(red bamboo) / やぶしん / 理非不知 / 半田よしひさ / みぞたちか(泥酔ギャートルズ) / もりしたあみ / ナカノケンタ(ワズカコニール) / 中西良太 / 石田千尋(Ms.local crimbers) / 西村勇気 / 今中健介 / 廣瀬武雄(Orange Thompsons) / KAZUYA TAMAKI / あおい義皓(ヒゲクーピー) / 原田坊(モケーレムベンベ) / いおかゆうみ / 西川惣太(つちのこ)

open 14:00 / start 14:30
charge ¥1,500 (+1d)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [特集] 「ピン 2012春の陣 ゴールデンウィークSP」(2012年05月号)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fireloop.net/magazineadmin/mt-tb.cgi/514