[コラム] Fireloop店長野津コラム「monthlyチャリ通」 (2012年05月号)

| | トラックバック(0)
何回かイベント紹介枠確保のため、Fireloopオーナーかつ店長コラムであるはずのこのコラムがいの一番に撤去されるという窓際っぷりのため、前回何を書いたかあまり覚えてないというか、何も覚えていない。ごめんな。今俺が覚えているのは「何も覚えていない」ということだけ!全然うまいこと言ってないよ。テンションだけだよ、これ。

そうそう、タワレコあべのHOOP店にFireloopコーナーを設置して頂きました。Fireloopに出演する地元・ツアーバンドの「全国流通している」作品を置いて頂いています。今後も新譜リリースの勢いに乗って登場するバンドもたくさんいてくれてるので、お立ち寄りの際はっていうか立ち寄ってくださいね!!!!!!
そして、地元大阪・天王寺で活動するバンドも、素晴らしい作品をレコード店からリスナーの皆さんにお届けできるよう、頑張っていきましょう。できる限りの応援をしていきたい、と普通のライブハウスの人間は思ってますから!

さて最近のnozfire君はレーベル業務を中心に、このどこまでも続くかのような空の極みを探しながら各地に自分の足跡を残してきました。平たく言うとせかせか働いていました。無い知恵絞ったり、枯れ果てたセンスやアイディアに塩水をやりながら、あっち行ったりこっち行ったり、右往左往したり、東奔西走したり、夜空を眺めて物思いにふけったりしてました。テヘヘ
^^;
そうです、6月6日にThe Calendar of Happy Daysの1st
singleをリリースがあるんですよ。その制作、制作といってもレコーディングからミックス、マスタリング、アーティスト写真撮影、ジャケット制作、フライヤー・ポスター制作、注文書作ったり、レコード店に営業行ったり、なんやかんやとあるんですよね。あ、PV撮ったり。これ書いてる時点では半分以上未完成ですのよ。同業の方なら分かると思いますけど、相当ギリギリ進行(笑)。「(笑)」とか言ってる場合とちゃうわっていうか。で、それと並行してバンドのツアーにも帯同するし、ライブハウスの人としての業務もあるので、やっぱりリリース時期はちょいとだけいつもより忙しいと言えなくもないです。The
Calendar of Happy
Daysのちょっと先にはGRIKOのリリースもあって、いま思い出したけど、リリースした後は恒例のリリースツアーってのもありますので、しばらく働き者モードですね、これは。

こういうタイミングですし、The Calendar of Happy
Daysのシングルについて少し。シングルなので収録曲は2曲。昨年、彼らが自主制作でリリースしたミニアルバム「アルケーの探求」にも収録されている"真っ白なドレスに"という曲(リ・レコーディング)と、彼らの曲でも一番新しいぐらいの"Reason"という曲です。
"真っ白なドレスに"はバラードっていうんですかね。自分としてはバラードとはあまり認識してませんが、すごく乱暴に言うと、スローでメロディアスな曲です。僕はこの曲がホントに好きで、シングルにしたのは彼らとしての初全国流通だっていう事による、まず沢山の人に触れてもらうきっかけにしたいっていうこともありますし、同時に「彼らのこの曲を聴いて欲しい!」っていう気持ちも強かったんです。どういう曲かっていうのを、ここで事細かに書くのはアレなのでしませんが、近日中にPVとしても公開されると思うので、聴いてみて欲しいス!おなしゃす
で、"Reason"の方は対局という感じの、The Calendar of Happy
Daysのセットリストでも指折りのアグレッシブな楽曲です。彼らのファンの方や、最近のライブを見た人なら分かると思いますが、そうですあの「激しい」やつです。これは実は彼らの新しい一面がガッツリ出た曲だったりして、このタイミングで収録するのもすごく良かったなあと。メンバーも新鮮なうちにレコーディングに臨めたと思うし。
ホントはもう1曲あksんふぁbふお:あsfみたいな裏話もありますが。
個人的には、彼らの創る音楽が音楽以外の部分からも伝わるように色々と考えて動いてみてますので、それこそフライヤーだったり、webデザイン・ジャケットデザインだったり、曲名、バンド名でも、少しでもあなたのアンテナが振れたらチェックしてみてください。そういうの大切にすると良い事あるんじゃないでしょうか。僕はそういう事多いです。

リリースした後はリリースツアーで京都・新潟・東京・名古屋、もちろん大阪・天王寺も含めて、5本のイベントがあります。リリースツアーではゆれる、root13.といった普段からお世話になってるバンドや、レーベルメイトっていうんですかね、GRIKOとも複数回一緒ですし、それ以外にも「共演して頂いていありがとうございます!」的な方々とご一緒しますので、日程・共演者さんなどは彼らのサイトなんかで確認して頂いて、ぜひともライブ会場にてお会いしたいところです。ここで書いちゃっていいのかどうかわかりませんし、いま現在電話で確認できるような時間じゃない(AM5:58)ので、こっそり書いてみますけど、レコード店でCDを購入して頂いて、それを持ってライブ会場にお越し頂ければプレゼントをお渡ししますよ。06.17のツアー初日以降、8月中のライブぐらいまでは対象期間の予定ですが、よくあるフレーズで「数に限りがございます」ので出来るだけお早めにライブ会場にてゲットしてくださいね。何をプレゼントするかはサイトにてちゃんとアナウンスするっすー。そういえばボーカル寺前は、ジャケットの写真撮影の時にハトと会話してました。さすがやで寺前さん。

では来月のコラム枠が窓際から投げ捨てられないことを祈りつつ、ここらでおさらばしましょう。みなさんゴキゲニョー^^


Fireloop店長:野津

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [コラム] Fireloop店長野津コラム「monthlyチャリ通」 (2012年05月号)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fireloop.net/magazineadmin/mt-tb.cgi/521