[コラム] DJホシヲの「夜の飛び方」 (2012年05月号)

| | トラックバック(0)
この年になっても新しいことを始めることを探していたい。
あ、ホシヲです。
最近、スケートボードを始めました。とはいっても、本格的なものじゃなくてミニクルーザーってやつ。トリックキメたりとかがメインじゃなくて、街乗り用のやつです。Pennyっていうかわいらしいのを蹴って夜になると遊んでます。デスクワークが多い僕としては、本当にええ運動になるねん。こないだ、本格的に転倒しました。思ったより全然痛い。骨など折らぬように気をつけたいと思います。
物事を始めたときの僕は、その由縁だったりだったりとか最近のことであったりとか調べます。インターネットっていうのはそういうときにすごく便利で、大活躍してくれる。釣りや音楽なんかにも繋がるんだけども、これだけたくさんの人が楽しんでいていろんなスタイルを派生をしているようなものってのは、一夜漬けではまかなえない深みがある。総じて深みのある遊びは何でも面白い。

そうそう。このあいだ、Flogging Mollyを見に行きました。
踊った、飛んだ、落ちた! また飛んだ! 泣いた!
最高に楽しかったし、すごく目が覚めたというかシンプルなところに戻れた。物事にはいつだってタイミングがある。このタイミングはベストだった。その話はまた今度。
話を戻して。
もともと、Flogging Mollyの「Drunken Lullabies」のPVみたいな感じのスケートの乗り方はかっこいいなってぼんやり思っていたのがあったんやけども、とある打ち上げの日に照明のカナちゃんから突然の
「ホシ、スケボーやろうや!」
っていう提案。即答して、次の日には二人で買いにいくという行動力。直感と行動力って僕の人生の諸刃の剣。大人になるにつれて安牌ばっかり切るって、おもんないやん? 長野県にいたころスキーは得意だった僕が、スノーボードをたった1時間で投げ出した過去をモノともせずに、ムラサキスポーツでPenny Skateboardをゲットしたのでした。
そのポップな見た目とお手軽な感じがナイスやなって選んだわけなんやけども、インターネットパイセンの力をかりて調べてみたら、こいつは面白い。サーファーの陸トレーニング用に作られた板だということ。だから、PV見ても音楽がJack Johnsonみたいなんばっかりなんだよね。スケートの映像ってメロコアとかハードコアとか速い感じを連想してたから、これは個人的に驚きだった。何でもそうだけど、掘れば掘るほどおもしろい。音楽を作ってる人は、やっぱり音楽は掘るべきだと思う。せっかく出会った肌の合う楽しいことなんだし、一生楽しみたいやないか。

というわけで、寺田町Penny部を結成しました。これで、遠くまで行くっていうのがコンセプトです。ただ、只今の部員2名は思いっきり初心者なのでまだまだ、その辺で乗ってます。今は、家から駅までの小さな距離を毎日乗ったりとか、なんか気分がスカッとしない時に練習してます。お金もかからへんし、単純に楽しい!僕はこれに乗ってのんびり釣りにいくのが今のところの目標です。
YouTubeでpenny skateboardって検索したら、すごく素敵な動画が何本か出てくるよ! 欲しくなった!やってみたい!ってやつがいたら、僕らと一緒にあざだらけで笑おうぜ!

今月は、19日にJUNIOR BREATHの半年続いたリリースツアーファイナル、ワンマンがあります! みんな遊びにきてくれ! 新曲山盛りだぜ!!

ではでは。ロキンロー。

Fireloop/JUNIOR BREATH/星屑円盤社 ヒノイデ"ホシヲ"ダイチ


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [コラム] DJホシヲの「夜の飛び方」 (2012年05月号)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fireloop.net/magazineadmin/mt-tb.cgi/526