[インタビュー] the vallantine (2012年04月号)

| | トラックバック(0)
intv_vallantine.jpg

■初めてのツアーということだけど、行ってみてどうだい?
岡田:今回のツアーは本数も少ないし、帰ってきては遠征という形なので、すごく楽しめてるんじゃないかなって思います。
坪野:おかげさまで、行く先々でCDも買ってもらえてありがたい限りです。目の前で一枚一枚売れていくっていうのはすごい嬉しいですね。毎回、たくさん新しい発見があるんです。出会いもあるし。
西岡:ショートツアーなんで、毎回調整が出来るっていうのが僕はいい感じですね。ガッチガチに詰めて長い期間やるツアーもやってみたいなって思いますね。
岡田:今回のようにはいかないでしょうけどね。もっと厳しいものだろうし。ただ、単純に移動時間だとか、メンバーといる時間が長いので、いろんな話が出来るのは大きいですね。結束力というか。スタジオで音を出すことよりも高まってる気がします。
坪野:各ライブハウスのブッキングの方にもいろいろアドバイスをもらって、移動があるんで、そこでみんなで振り返ったりとか。
■なるほど。大阪と比べてお客さんの反応とかってどう? やっぱり違いとか感じる?
西岡:東京は、すごく探しにきている感じがしますね。なんていうかフランクというか。大阪は、自分の目当てのバンドを見に来ているって感じですかね。なんとなく感じましたね。
岡田:Fireloopでやってるときって、うちらと似たニュアンスのあるバンドって結構いるんですけど、遠征先ではあんまり会わないですね。今のところ。個性的と言われることが多々ありますね。
坪野:逆に目立つんで、おいしいなとは思うんです。
岡田:出てきたときに空気が変わるっていうのも言われてますね。
■いろんなバンドが出てくるからねえ。大阪のバンドは、ある程度音と名前が一致してたりするけれど、全然知らないけどすごい破壊力のあるバンドが出てきたりするよね。
西岡:岡山で出会ったスパゲッティー症候群ってバンドがすごくパンチがありましたね。リハーサルのときからなんか、予感があるバンドで。
岡田:ギター折れてたよね。
西岡:大阪来たら見に行きたいと思いますもん。
■大阪とか東京は、色を合わせたブッキングが多いと思うんだけど、そういうバラエティーに富んだイベントに出会えるのも遠征の醍醐味だよね。
坪野:そうですね。本当にいろんなバンドがいるんだなあって、その日一日を楽しんでますね。
岡田:面白いですよね。結局のところ音楽ですし、ライブですからね。それを楽しめるって大事だなって思います。
■ぱっと印象に残っていることってある?
坪野:なんか、こいつ(岡田)がやたらと城を見たいっていうんですよ。
西岡:名古屋城、姫路城、京都では寺行こうとか言い出して。
岡田:でも、姫路城は工事中で。ライブの日、あんまり天気のいい日がなかったのに珍しく晴れたんですよ。でも、工事中で。
西岡:完全に画描いてあったもんな。
岡田:城とか寺とか好きなんですよ。
西岡:東京では、皇居見に行きたいっていってましたね。
■もういっそのこと城とか世界遺産があるところだけにツアーにいきますとかにしたらどう? 城バンド。
岡田:僕は本当にそれでもいいです。城、好きです。
■坪野君のツイートで、うまいもんの写真をガンガンあげてたよね。
坪野:いや、太りましたもん。禁煙したのもあるかもしれないですけど。
岡田:ふっくらしたとか、顔丸くなったって言われ続けてます。
坪野:本数が少ないツアーだからできるのかもしれないですけど、行く先々で、その土地のうまいものを食べるって、すごく憧れがあったんですよね。岡山の豚蒲重が素敵でしたね。
西岡:東京でラーメン二郎を食べたんですけど、車中泊だったんですよね。起きて速攻窓開けましたね。
坪野:あれは、すごいニンニクっぷりだった。
岡田:いろんなところに行きたいって思いましたね。九州とか北海道とか。
■地方のライブハウスに通うってことは、そこで、何をしていくかってことだと思うんだよね。それこそ旅行ではないからね。
岡田:そうですね。たくさん経験値をもらいましたから、これからそれをどんどん力に変えて返していきたいです。
坪野:ここが始まりですね。
■どんどんと拡大していきたいね。世界遺産か、城のある場所をひとつずつ攻略していこう。
岡田:城のあるところにあるライブハウスのみなさん、The Vallantineです。是非誘って下さい。城、好きです。
坪野:ファイナルまで一本一本全力でやります。
西岡:頑張ります!ファイナルも是非遊びに来て下さい!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [インタビュー] the vallantine (2012年04月号)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fireloop.net/magazineadmin/mt-tb.cgi/498