[コラム] 受付嬢マホの「夜の飛ばせ方」 (2012年04月号)

| | トラックバック(0)
少しずつ春の訪れを感じ出しております。段々と薄着になってくるわけですが、女子の皆さんはムダ毛の処理してますか? 僕は今、脱毛サロンに通っています。通い始めて半年ちょっとぐらいなのですが効果抜群。元々少なかった脚の毛はほぼないに等しく、テュルテュルです。嬉しくなると人は何をしますか? そうです。「触ってみて!」と言いますね。しかしながら僕も一応成人女性だからか、皆一様に断ってきます。僕は非常に不快です。こちらに邪な心は微塵もありません。ですが皆触ってはくれないのです。我こそは、という方はご一報下さい。鼻息を荒くして語る脱毛法やら脱毛情報と共にご披露します。
先日、某SNSで知人が「あれ?あれ?」とパニックを起こしておりまして。聞いてみますとおっぱいがあらわになっている女性が描かれているイラスト的なものをアップしようとしたがすぐに削除されるというのです。一瞬で判別しているんだなぁ、と感心したと同時に「あんだかなぁ......」と思わずにはいられませんでした。「おっぱい」という単語は引っかからない。画像は引っかかる。恥部名称は引っかかるのか?と思いましたが、かなり近しい知人が「おちんぽみるく」と書いて数分後に母親と繋がっていることを思い出し、即効削除していた事件が頭をよぎり思いとどまりました。セーフ。僕が小学生の頃から高橋留美子大先生の名作「らんま1/2」の大ファンなのはWikipediaの二行目にも載っている有名なお話ですが、別のSNSサイトのらんま好きが集うコミュニティーでも各々が描いたらんまキャラのイラストがアップできない!とたまにザワつくことがあるなぁ、と。女らんまなんて乳首出してなんぼやのに。シャンプーもしかりですよ。余談ですが、僕は28歳になった今でも「らんまのカードダスを見つけて財布の有り金2万円分回す」といった夢を見たりする重症っぷりです。話はそれましたが、らんまが掲載されていたサンデーも僕の思春期に大きな影響を与えた桂正和先生の電影少女も全部全部少年誌なのに乳首全開じゃん! 最近は少女漫画でもガンガン乳首くらい晒してるじゃん! 隠すからなんか見せちゃだめ、みたいになるんじゃん! バカ殿はまだ上半身裸の入浴シーンあるじゃん! もう全く納得できる要素がない。関係ないけど昔バカな友人が「気を利かせて裸の写メくらい送れ」的なメール送ってきたので落っこちてる素人画像送ったら秒殺で「ちゃんと自分の送れや」とツッこんできたのにはビビった。とりあえず、線びきがあるなら教えてエロい人。



最近の流行はとあるAV女優さんのブログを覗くこと。その女優さんは晶エリーさんという方なのですがいわゆるアブノーマル専門といいますか、先日民放に「もうありとあらゆるジャンルはやり尽くし、ネタがない」とコメントしてらっしゃる程ソノ世界では有名な方だそうです。普通の可愛らしいお嬢さんなのでびっくりして調べましたところなかなかパンチの効いた作品名の数々。多分僕レベルだと直視できない。デスピサロレベル。ところが彼女のブログを覗いてみますと物凄く穏やかで可愛らしいのです。もちろんちょいと際どい写真も載っていますが、親に横から覗き込まれても言い訳できる範囲です。あんな壮絶な作品に出演されているとは到底思えない穏やかさ。尊敬すべきエロとの出会いに乾杯であります。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [コラム] 受付嬢マホの「夜の飛ばせ方」 (2012年04月号)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fireloop.net/magazineadmin/mt-tb.cgi/509