特集 3月だからスリーマンシリーズ。「COLOSSEO」 Fireloopブッカー・ホシヲ×はるき対談。(2012年03月号)

| | トラックバック(0)
「2月だから2 MUCH HELL」シリーズを経て開催される「3月だからスリーマンシリーズ」!
ホシヲとはるきが面と向かって語る。果たして12月はどうなってしまうのか!

ホシヲ:2月はツーマンシリーズを開催したし、3月はスリーマンをやろうと。
はるき:ということは12月になったら12マンっていうことですね!
ホシヲ:そうなるわな。
はるき:さすがですね、全く動じないじゃないですか。
ホシヲ:そのネタは、先月もう使い尽くした。スリーマンシリーズもツーマンシリーズと同じく4本開催ということで。
はるき:そうですね。どの日もなかなか見ごたえがありそうです。ツーマンのときは、TOO MUCH HELL(フロアとステージのノンストップキャッチボール式)でやりましたけど、今月はCOLOSSEOで、普段より長尺で見れる!
ホシヲ:25分とか30分て今のライブハウスの基本の持ち時間だったりするから、45分ていう持ち時間になってくるとバンドの底力が問われてくると思うんです。力の差が歴然とするというか。ただ長い時間、曲を多めにやればいいっていうもんじゃない。たかだか15分だけども、これが意外と難しい。
はるき:そうなんですよね。7曲目の壁というか、2回目のMCの壁というものが確かに存在しているんですよね。2回目のMCで、次で最後の曲ですってなるのか、ここからまた違った形で展開するのかっていうのは大きなポイントかと。
ホシヲ:そんな、スリーマン祭りの初日3月9日をBrian the Sunに担ってもらいます。
はるき:この日は、Brian the Sunを分解したらこうなったって感じなんです。CHEESE CAKEは、すごくポップな踊れる感じのバンドで、OLD JOEはロックンロールバンド。その中間にあたるのがBrian the Sunっていうコンセプトでブックしました。お客さん目線で考えて、カラーがあんまり偏っていても長尺だし疲れちゃうかなって思って。3色とも違う色でっていうのも面白いかなと。ライブハウスってこんなにも振り幅があるんだよっていう。
ホシヲ:いや、俺にはできないスリーマンブッキングやと思う。やっぱりカラーをあわせるもんな。
はるき:サブタイトルにもあるように、君が泣くまで歌うのをやめないってことで。オープニングアクトにBURNOUT SYNDROMESです。もうほんま泣かせます。とにかくどのバンドも真ん中に歌があるっていうのを押した一日です。
ホシヲ:そして、2本目。東京の爆裂ガレージバンドTHE WORLD APARTMENT HORROR(以下、ワルアパ)を中心にゴリゴリのロッキンローなスリーマン。
はるき:必殺技ですね。
ホシヲ:せやね。この日のテーマは「お化け屋敷」。ということで、京都からスキッツォイドマンが挑戦してくれます。オカマのゾンビとかいうてますけど、すごい真面目な人たちなんです。どう真面目かっていうと、お客さんを楽しませるっていうベクトルがワルアパとすごくいい波動になると思うんだよね。遊園地のお化け屋敷みたいな。
はるき:とにかくキャラが濃いですね。
ホシヲ:見た目も派手だしね。そこが伝われば、面白がってもらえるだろうし、ステージは太鼓判だからね。絶対おもろいと思う。終わったあとにもう一回最初から見たいって言わせたい。
はるき:これがド平日っていうのが面白いですよね。ビールめっちゃ売れるんやろうなあ。
ホシヲ:そして、3本目はsix needle clubのレコ発も絡まってる一日。
はるき:僕、ファンなんですよ、単純に。
ホシヲ:去年からすごい頑張ってるからね。常に考えて、常に挑戦しているバンドやし、もっとたくさんの人に知って欲しい。
はるき:一足先に聴いた音源もすごくよかったですね。なんか本当に独自の方向に突き進んでますよね。
ホシヲ:福岡から盟友THE WAGONが参加するんですよ。THE WAGONとは、Fireloopで繋がってくれて、何度も対バンも重ねているから、フロアの空気はすごくいいと思うし、このバンドの45分は個人的にも見たい。遠征してくるたびに良くなってるし動員も増えてるからね。ドラマとかストーリーが裏にあるブッキングは見て欲しいっていう気持ちが自然と大きくなる。
はるき:それだけ熱く語った後の4本目ですね。JUNIOR BREATH vs POST KNOTにフジヤマルーキーっていうパンク祭。
ホシヲ:自分で解説するのは、なんだかあれだけども、POST KNOTが全国発売でレコード出すんで、前祝いをかねたガチンコ勝負。フジヤマルーキーは昨年末から来てくれてるんだけども俺の世代とかだと本当に憧れの人だからね。光栄です。
はるき:オープニングには、2 MUCH HELLにも参加したHIGH-D4ですしね。メロディーメーカーが揃ってますね。しかし、暑苦しい(笑)。
ホシヲ:パンクロックと名乗るからには、熱量の戦いですから。いつも通りフルパッションでやりますよ。
はるき:JUNIOR BREATHもフジヤマルーキーも長尺はお手の物だと思うから、POST KNOTの45分ていうのは楽しみです。この2バンド相手にどう戦うのか、前半で話していた7曲目の壁をどうやって乗り越えるのか。
ホシヲ:ブッカーって立ち位置が難しいと思うんだけども、こちらから提案できるものとか挑戦する場所を作ることはできる。さっきもいったけど、その日の裏にあるストーリーをバンドと共有できればその日はいい日になるんじゃないかなって思います。ただ演奏するとか、ライブをしていくことは都会では出来てしまうからね、意志を持った日をこっちから投げる。それを受けてまたバンドがおもろいこと考えたらっていうのはいい循環になると考えてる。どんどんみんなやったったらええねん。
はるき:おもろいからライブハウスですもんね。それはとても大事なことですね。やったったらええねん。
ホシヲ:お客さんがおもろいって思うことを考えるのは、どういう形でもいい。日々悩んでるけどな。
はるき:どの日もしっかり、記憶に残る一日にしていけたらって思いますね。
ホシヲ:そうか、4月は4マンか......。
はるき:12月は12マンですね。僕は休みます!
ホシヲ:俺もいややわ!
はるき:ということでCOLOSSEOスリーマンシリーズ! よろしくお願いします!
ホシヲ:ライブハウスで待ってます! よろしく!

(text ホシヲ)

※対談時に交渉中だったため、本文中に登場しないバンドがいくつかあります。ご了承ください!すべてのラインナップは以下であります!

03/09 FRI
COLOSSEO 君が泣くまで歌うのをやめない

Brian the Sun / OLD JOE(東京) / CHEESE CAKE(福岡)
w/ BURNOUT SYNDROMES[opening guest]

03/15 THU
COLOSSEO スリーマンゾンビハウス

THE WORLD APARTMENT HORROR(東京) / スキッツォイドマン / TOKKIBUTSU

03/16 FRI
COLOSSEO 色彩のリズム~six needle clubレコ発!~

six needle club / THE WAGON(福岡) / econoise

03/23 FRI
COLOSSEO 夢列車でゆくパンクロック博覧会
~POST KNOT「夢列車」レコ発前祝いスリーマン!~

フジヤマルーキー(東京) / JUNIOR BREATH / POST KNOT
w/ HIGH-D4[opening act]

詳しくはFireloopスケジュールページで確認だ!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 特集 3月だからスリーマンシリーズ。「COLOSSEO」 Fireloopブッカー・ホシヲ×はるき対談。(2012年03月号)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fireloop.net/magazineadmin/mt-tb.cgi/480