[コラム] DJホシヲの「夜の飛び方」 (2012年03月号)

| | トラックバック(0)
どうも、俺やで。
もうすぐ春がやってきますね。


今号のコラムを書くにあたり、1年前の4月号のコラムを読み返しました。
必死に生きようという意志が感じられる文章を書いていました。

日本を襲った大きな地震。
あれから一年が過ぎようとしています。
テレビや新聞を見ない僕ですが、津波の被害や、放射能の問題で苦しんでいる現地からのリポートやツイートをネットを介して読んでいます。自分が出来ることってのは、ひょっとしたらないのかもしれないけれど、それでも風化させてはいけないことには違いありません。
たくさんのことがあったし、たくさんの話を聞いたし、たくさんの人と会った。あのときに書きしたためたように、自分の持ち場で思いっきりやるしかないんだって想いは日に日に強くなっていき、今日の僕がいます。


色んな物事が始まったり、終わったりする。
その度にいちいち考えたいと思います。本当に大変なことだし労力のいることだと思うけど、そういうことに何も感じなくなるような不感症になるのは、まっぴらごめんだって思うんだよね。人の生き死にはもちろんだし、泣いてるのか笑ってるのかとかね。結局、全部僕の人生ではあるんだけれど、生かされている側面を忘れて感謝できなくなったら終わってしまうと思う。
しばしば、大事なことに気がつくのは大きな事件があったときだったりするし、僕らは絶対に忘れていってしまうから節目節目で確かめていかないといけないなって1年前の自分を思い返します。
これからも自分が出来ることってのをすごく考えていかなくてはならないし、それにパワーを伴わせていきたい。
年齢を重ねるたびに、続けていくからこそ強くなっていくものは確かにあると思うからね。


かなりの長い期間ここで文章を書かせてもらってます。
自分が書いたものって、自分の資料というか備忘録になっていくんだなってことを感じました。
1年後、また振り返ってそのときに何が出来ているのか、今の僕よりもいけてるのか、それはそこまでいってからのお楽しみ。
結局一生懸命、がむしゃらにやっていくしかないのだからね。遠回りしようが、そのときにはわからないんだからね。


おもしろいことを考えて、みんなを楽しくさせたいな。
っていう座右の銘を胸にこれからもみんなを笑かしていこうと思います。


よろしく!

Fireloop/JUNIOR BREATH/星屑円盤社 ヒノイデ"ホシヲ"ダイチ


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [コラム] DJホシヲの「夜の飛び方」 (2012年03月号)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fireloop.net/magazineadmin/mt-tb.cgi/493