[年末特集] 地下室のブッカーたちの密談。

| | トラックバック(0)
Fireloop/Fireloop2001には、日々行われるイベントの、企画立案・出演交渉に従事するスタッフがいます。通称「ブッカー」と呼ばれる彼ら(ホシヲ・カズヤ・ユウスケ・ハルキ)4人に、2011年を振り返り、2012年の展望を語る対談をお願いしてみました。
★「寺田町ラヂヲ」(2011.12.25)では、完全版を音声でぐだぐだとお楽しみいただけます。


ホシヲ:2011年を振り返り、2012年のFireloopがどう動いていくかと言う所で話をしていきますので! まず、2011年を振り返ってどうやった?
ハルキ:この仕事は10月から始めたのですが、どっちかというとプライベートが大変でしたね。1年で女性に興味を無くして最近また興味がでてくるって感じでした。
ホシヲ:本当に興味がないって言うてたな! もう性欲がないんですって言うてたわ(笑)。
ハルキ:夢の中で女性に言い寄られるっていうのがあって、僕はそういうのは興味がないんですって断ったっていう(笑)。夢って変なこと考えないじゃないっすか。現実世界やったらその子のツレやったらこうなってしまうとか考えてしまうじゃないっすか。夢やったら本能のままに断ってしまってるわって思って(笑)。
ユウスケ:僕は今年20代最後ですから。色々ありましたねー!
ホシヲ:年末直前でバグったっていう(笑)。かまいたちにあったよね。
ユウスケ:それは人生の転機やったかもね! これからですよね。
ホシヲ:最近めっちゃ心配やで。2秒前に言うたこと忘れてるやろー(笑)。
ユウスケ:そうなんかな。俺はあんま意識してないけど、あんまり気にすると余計あかんのかな思て。忘れてるようにしてるんやけど。
ハルキ:それでも全てを忘れてしまってますよねー。さっきまで仕事やらなあかんわー言うてるのにやることないわーって邪魔してくるとか(笑)。
ユウスケ:それはスキンシップやわ! やっぱ楽しくいかないと!
カズヤ:そうですよね!(笑) それは現場の考えと一緒ですよね!
ユウスケ:真面目にやる時もあるけど、でもスキンシップを大事にしていくっていう。
ハルキ:スキンシップを大事にしていくってのがあれなんですか(笑)。
ホシヲ:なんか阿宅さんがスキンシップって言うとちょっとゲイっぽいよね(笑)。ゲイ疑惑!!
ユウスケ:ゲイちゃうで!! 俺めちゃくちゃあれやで!! 言わんけど......(笑)。
ホシヲ:じゃ来年のFireloop2001はゲイの促通になっていくっていうね。
ユウスケ:そーやねー。まず髭はえてないとあかんから。出演者がね(笑)。
ホシヲ:Fireloop2001の出演希望の所にヒゲ!!ってね(笑)。
カズヤ:ヒゲ審査ありますと(笑)。
ユウスケ:ヒゲ審査ね!
ハルキ:ユウスケさん全部乗っかってますよね(笑)。
カズヤ:僕は真面目にいきますよー!(笑)。
ホシヲ:カズヤしかまともな話出来んからね!
カズヤ:僕の仕事でやろうとしてることがゼロスタートやったんで。今の位置だと2.5ぐらいですね......。
ホシヲ:え!? それマックスは?
カズヤ:マックスはないです(笑)。
ホシヲ:全然読まれへん(笑)。
ハルキ:アカン! カズヤさんが......(笑)。なんでそんなことしたんですか!?(笑)
カズヤ:まぁまぁ(笑)。2011年はゼロスタートやった所から今の形になるまでを色々と見ることが出来ましたね。特に12/10の「Last Calling」ですべてを確信しました。それを2011年の終わりに見えたのが凄く良かったです。解散は本当に辛かったですけど......。2012年に繋げていけそうです! 2012年からはもっと視野を広げていきたいなって思ってます!!
ホシヲ:まぁ俺はねぇ。本当にロクな年じゃなかったからねー。本当にひどかったからー。プラベートがねぇー。荒れた!!
カズヤ:それ僕も若干知ってます。
ハルキ:僕もちらっと聞きました。
ホシヲ:今年やってきたことで自分のレベルがわかったので、それを超えていこうと思いますねー! 大阪にもイベンターさんがチラホラでてきてて、ブッキングマネージャーよりやばいことやっている人もいるので、片っ端からキャンッ!!言わさなアカンかな思てー。4人はそれぞれ得意ジャンルがあって、2011年は個々のモノをガンガン突き詰めていくって感じやったから、2012年はそれを混ぜて行く感じでいきますよー!!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [年末特集] 地下室のブッカーたちの密談。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fireloop.net/magazineadmin/mt-tb.cgi/449