2011年8月アーカイブ

おりゃ! 俺やで。ホシヲやで。
夏本番でございますな。
海にも行ってきたで。ヨルダン人の群れに囲まれて須磨ビーチで投げ飛ばされては、日本人をなめるなよ!と言い放っていたのは俺やで。

ここで連載をもつのと同じタイミングでFireloop Magazineで連載できてる所以であるモケーレムベンベを脱退したビンセント。正味、続けて良いんですか野津さん???(これ以上無いぐらい真剣な質問)俺はアカン気がする!!! そりゃあ書きたいんにゃけれども......。
おはこんばんちわ
げんきなみんなへ。
ウパルパ猫人間のプリンてす。
もっといへばウパルパ猫dogプロペラ猫dogいぬのプリンてす。
というわけで、前回の続きで順位を発表していきます。
といってもなんのことかわからない輩はFireloop Magazineのオンライン版を読んでくるとよいだろう。
どうもー、自転車のサドルに「死ね」と落書きされていた者です。
おーらーい!しぇけなべいべー!!
 
始まりました、ハタケンの「どこまで言って委員会」!!
音楽・プロレス・政治・経済・社会・教養、硬軟取り混ぜてお送り致します。
 
「『サ、マ、ソ、に!』の話題」

[ディスク] Woodroom / Woodroom

| | トラックバック(0)
nowprint.jpg
自主盤
曲数:5 songs
価格:500yen
リリース日:2011.08.28
販売方法:ライブ会場

[ディスク] VIVAROSSA / ナツノリズム

| | トラックバック(0)
vivarossa_natsuno.jpg
STROKE RECORDS
品番: STR-1023
収録曲数: 3 songs
定価: 500yen (tax in)
発売日: 2011.07.23
販売方法: ライブ会場
tombolens_epo.jpg
自主盤
曲数:3 songs
価格:500yen
リリース日:2011.07.18
販売方法:ライブ会場

imanaka_daijobu.jpg
自主盤
曲数:5 songs
価格:1,000yen
リリース日:2011.08.10
販売方法:ライブ会場

[ディスク] ドブロク / ドブクルーズ

| | トラックバック(0)
doburoku_dobcruz.jpg
レーベル: 若々しい会社
品番: WK-1006
収録曲数: 10 songs
定価: 2,300yen (tax in)
発売日: 2011.07.08
販売方法: 全国流通

[ディスク] クロノスタシス / 黒旗

| | トラックバック(0)
chronostasis_kurohata.jpg
自主盤
収録曲数: 5 songs
定価: 1,000yen (tax in)
発売日: 2011.07.18
販売方法: ライブ会場
3markets_soredemo.jpg
自主盤
品番: 3MK-001
収録曲数: 5 songs
定価: 1,000yen (tax in)
発売日: 2011.04.28
販売方法: ライブ会場

[寺田町TO THE FUTURE] Woodroom (2011年08月号)

| | トラックバック(0)
future201108.jpg

今月の寺田町to the Futureは、Woodroomの登場です。昨年の年末くらいから月一でFireloopに出演している彼らですが、すっかりStrawberry Gardenの中堅となりました。4人の見た目どおりの人の良さがにじみ出るような暖かくて、シンプルで力のある楽曲を聴かせてくれます。最近、ボーカルのはまちゃんの歌い手としての成長ぶりには目を見張るものがあります。今月末に念願のバンド音源のリリース、レコ発を企画しています。「ええ唄」が好きなあなたは、要チェックですよ!!

■出演情報
2011.08.28
Woodroom presents Stardustroom
w/ トンボレンズ / つちのこ / ちはやふる / モケーレムベンベ / 小島基成& SAT
interview-brokenboyz-201108.jpg
ロックンロールは、ライブハウスは楽しい。
それだけでもいいんじゃないか、夏。
Fireloopの打ち上げに参加した君なら誰か一人くらいは、知っているだろう。寺田町を代表する祭り好きの酔いどれたちが集まって、ライブハウスは楽しい、ロックンロールは最高やということを伝えるべくFireloopと手を組んで夏祭りを企てた!The Apple Stungのギタリスト、ハタケン、雷人のボーカル弦太、JUNIOR BREATHのボーカルでFireloopのブッキングマネージャーホシヲによる対談!
interview-imanaka-201108.jpg
待望のミニアルバムが完成した今中健介。
不安を安心に変えていく歌を歌うという決意のもとに、前を向いて伝えたい想いとは。

interview-brianthesun-201108.jpg
マイケルジャクソンとかそういう人と一緒にやってる気持ちでやってかないと
だめなんじゃないかって思うんです。
決して平坦ではない道を歩いてきたBrian the Sunが、完全正規メンバーで東京、大阪のツーデイズワンマンを決行する。様々な大舞台を踏んできた彼らが挑む大きなハードルを前に、今、考えていることを暴くため、Vo.森と、Ba.白山に話を聞いた。

2011年08月 もくじ

| | トラックバック(0)