[インタビュー] ゆれる (2011年06月号)

| | トラックバック(0)
だけど「あみ企画」みたいなことはやりたくないんですよ、どこかのバンドみたいに(笑)。
■今回5日、12日、19日と3本のイベントをやるね。ゆれるとしては、これまでイベントはたくさんやってきたよね。「ゆれる世間は鬼ばかり」「YUREPPER」「挑戦的アングル」と。「ゆれる世間~」は5月7日で最終話だったんよね? 今回の「GOTHIC」は3本連続でやった後も続くの?
あみ:いや、そうは考えてなくて。「GOTHIC」自体は3日間やるから「GOTHIC」なんです。「ゆれる世間~」っていうイベントももっと浸透させていこうかと思ったんですけど、鬼ばっかり呼んでっていうのは一旦面白い感じでできたので、また新たにバン!と面白いの持ってきたいなと思ってます。
■なるほど。イコールそれが今回の「GOTHIC」ではないと。今回3日間やるそのイベントを「GOTHIC」と呼ぶわけね。
あみ:そう。5月病っていう意味です。
■はい? 6月にやるのに? どういう事?(笑)
勇太:たしかにどういう事?ってなる(笑)。
あみ:最初5月にやる予定やったんですよ。
■:最初に話をもらった時点で6月って言ってたよね?
勇太:その話を振る前は5月にやるつもりで。
あみ:ライブハウスも決まってなくて3人それぞれの一日を作ろうって案の時点でタイトル決めちゃったんで。その時は5月ぐらいにやりたいと思ってたので、5月病=GOTHICって名前にして。
■え? GOTHICって5月病って意味なん?
勇太:いや、GOTHICのホントの意味は違います。五月病の「5」と......。
■あー、そういう事か!「5sick」か! 上手いなー、毎回そういうの(笑)。
勇太:綴りは普通のGOTHICです。綴りを変えちゃうと中2みたいになるんで(笑)。
■今回の3日間やるという発案者は......?
あみ:僕ですね。「ゆれる世間~」をやって思ったのは、僕が呼びたいバンドがいて勇太とバウチが呼びたいバンドもいて、そこで重なってるバンドか、話し合いで淘汰していった上でって事になるんです。でも、僕は僕で自分が呼びたいバンドだけで一日作れたらなとも思うんですよ。だけど「あみ企画」みたいなことはやりたくないんですよ、どこかのバンドみたいに(笑)。
■見てるとその3日間に、メンバーそれぞれの個性が出てるよね。6月5日の勇太の日は扇町para-diceやね。
勇太:もともと僕がpara-diceの雰囲気とかが好きでイベントをやってみたいなと思っていて。ただ2年ぐらい出てなくて。なかなかやるチャンスもなかったし、今回は自分の好きな色でやっていい日だったので、じゃあpara-diceでとりあえず好きなバンド、うるさいバンド呼んでやろうって思って。
■para-diceの「地下でこっそり悪いことやってる感」というか、あれはいつ行っても面白いよね。
勇太:企んでる感。とんでもなく暑いですけど(笑)。まあそれもイイとこです。
■続いて6月12日に火影でやるバウチの日ですが。
バウチ:僕の日は僕ら含めて全部日本語詞のバンドで......。あれ、てかどの日もそうか。
勇太:そうやな。みんなそうちゃうか(笑)。
バウチ:まあとにかく日本語詞のバンドで集めたくて。僕、前違うバンドやってて......。あれ、これ言っていいの?
あみ・勇太:いや、全然いいよ(笑)。
バウチ:CONSTRUCTION NINEとbachoに関してはずっと僕の先輩やって、ゆれるに入ってから仲良くなったWEIRDとGRIKOも呼びたくて、しかもその2組同士は対バンしてないんで、一緒にやったら面白いやろうなあと思って。めっちゃ上から(目線)やけど(笑)。
あみ:あいつら一緒にやったらええんちゃう?みたいな(笑)。
勇太:まあまあ年配のブッキングマネージャーみたいな感じやな(笑)。
バウチ:しかも、その日はみんな僕らより先輩なんで、その日は僕は一日ゴマすっていこうかなと(笑)。
■(笑)。しかし、この時点ですでに色合いがきっちり出てるよね。
あみ:バウチは、最初の時点で前のバンドからのつながりを持ってくるかなと思っていたので、それは狙い通りですよ。フフッ。
勇太:さらに上からやな(笑)。店長か。
あみ:オーナーやな(笑)。
勇太:○○○の?
あみ:おい! ややこしくなる! 僕らdisらしたら止まらんので危ないです(笑)。
■よし、さくっとあみdayにいこう(笑)。
あみ:勇太が案を持ってきたときに、こういう感じになりそうやなってのが見えて。そこから僕は勇太とバウチが呼ばへんバンドを呼ぼうと思って。一時僕らがバカみたいにツアーを回っていたときの繋がりを取り入れたくて。結果的に大変なメンツになりました。この日のメンツは大阪ではもう絶対に見られないと思う。
■自分も全詳細を見たときに、メンバーそれぞれに「自分がバンドをやる上でカッコイイと思っているもの・求めるもの」のあるバンドを呼んでるというか。メンバー個々の、バンドに対する価値観が投影されてるように感じて、凄く興味深いなと。
あみ:いいっすねー、それ。
勇太:それはあると思う。
あみ:そういう事考えてくれるってめっちゃ嬉しい。なんかねぇ。ウフフフフ。
■3日間見て「ゆれる」、という感じだなと思う。3本のうちの3日目のゆれるまで見て一つ、やね。言葉で言うとすごく綺麗にまとめた感じやけど。
あみ:そうなると嬉しいですね。まあどんなに意見が分かれても、この3人であれば「それもわかるよ」ってなるので、それがあるから納得出来るって言うか。一つの脳みそになれる。
■お互いがちゃんと敬意を持ってるってことやんね。
あみ:ほんのちょっとですけどね。それ以外はあらゆる憎悪です(笑)。

(text: Fireloop店長 野津)

 

■ライブ情報
ゆれる企画「GOTHIC」
06/05(日) 扇町para-dice
「GOTHIC-扇町絞首台-ゆうたday」
06/12(日) 心斎橋HOKAGE
「GOTHIC-地下統制室-バウチday」
06/19(日) 天王寺Fireloop
「GOTHIC-寺田町夏至-あみday
」→e+(イープラス)でチケット購入 or Fireloopメール予約

06/28(火) 札幌SOUND CRUE
06/29(水) 札幌SOUND CRUE

ゆれる オフィシャルサイト

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [インタビュー] ゆれる (2011年06月号)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fireloop.net/magazineadmin/mt-tb.cgi/307