[コラム] ギンの「曲がりくねった道 落とし穴にはまる」 (2011年04月号)

| | トラックバック(0)
先日神戸のあるライブハウスの3店舗同時多発イベントで大喜利に出演したのです。もちろん初体験! 普段ライブのMCでは面白おかしい事言ってたりする僕ですが手法や土俵が違うと全く面白くなかったりするんですよね。(←MCも滑る事は多々ありますけど)
とにかく大喜利の出演者全員血の気が引いた状態だったのですが(笑)いざはじまると大爆笑の嵐でした。みんなおもしろい言葉ばかり出すので僕も触発されました。人間必死のパッチパワーが重なれば大概の事は乗り切れるんだなと。そして咄嗟のタイミングで出る言葉や発想っていうのは今までに浴びてきた体験の集大成やったりするんですね。「ジョニーデップがはじめて憶えたどうでもいい日本語とは?」というお題で咄嗟にフリップに書いた言葉が「乱れ雪月花」や「董卓討つべし」だったのです。ここで書くと普通なんですが会場ではカタコト日本語で読み上げて大爆笑していただけました。何が身を助けてくれるかわからんなぁと痛感しました。これからも遠回りしていろんなものを触れて浴びたいです。
☆ ☆ ☆
先の東北の大地震と大津波の発生から現在11日目。大阪の週末はのほほんとしたものでした。TVで流れてる映像は地獄なのに外に出るとギャップがありすぎて凄い罪悪感を感じてしまったりします。僕に出来るのは募金。周りのイベントでもガンガン募金が集まってます。この瞬発力も大事だけど僕は継続力も大事やと思うんです。なので僕は一日10円募金をはじめる事にしました。習慣って全然無理しない事を続けることがコツだと。毎日100円ならケチで貧乏な僕はいつか必ず躊躇う(笑)だけど10円なら10年、ううん。一生続けられる! 僕はそっちを選ぼうと思いました。正解はわからないんですけどね。東北の人たちにもまたのほほんとした日常が早く戻りますように。10円入れるたびに小さく祈ろうと思います。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [コラム] ギンの「曲がりくねった道 落とし穴にはまる」 (2011年04月号)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fireloop.net/magazineadmin/mt-tb.cgi/282