[コラム] ハヌマーンえりっさの「意味なんてなぁい。」(2011年01月号)

| | トラックバック(0)
明けまして、そしてリニューアルFireloop、おめでとうございますえりっさです。
このスペースで私がいつまで好き勝手できるかはわかりませんが、とりあえず今年もよろしくりんです。

ところでみんなオマージュ祭楽しんだんかい!って話なんですが今の時点でまだ終わってないんで総括できましぇん。
だから練習中のちょっとしたエピソードぐらいしか書けない、書いてやんない。

私ベーシストなんですけど、ピックを使うんですね。
それで、ピックって必要な時に限ってどこ探しても全然見つからんくせに、どーでもいー時に限ってポケットからジャラジャラ出てきたりするんですよ、するんです。
そしてオマージュ練のときにこの現象が起きて、ピック、ないーーー!てなったんですね。
んでギタリストであるよPに余ってるピックを貸してもらいました。  練習も終盤に差し掛かった頃、私たちは曲のアレンジについてみんなで考えていました。
どーすっかなぁと私も考えていると、ふとよPと目が合って2秒ぐらい時が止まりました。
......ハッ!!
実は私練習中にピックを噛んだり、くわえたりしてしまう癖があるんです。
なんか活字にしたらもの凄い恥ずかしいな!
でもその時はよPのピックを借りている訳ですから、意識的に気をつけて練習していました。していたんだけども!
気づいたらよPのピックガリガリ噛んでた!
私よPのピックガリガリしてた! もう遅い! アホ!
慌ててピックガリガリを止め「......ごめん。」と言うとよPは笑顔で言った。
「えりっさそれあげるよ。」
今度よPにジュース買ってあげるねん!


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [コラム] ハヌマーンえりっさの「意味なんてなぁい。」(2011年01月号)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fireloop.net/magazineadmin/mt-tb.cgi/240