[コラム] ハヌマーンえりっさの「意味なんてなぁい。」(2010年03月号)

| | トラックバック(0)
えりっさです。
今回は、サンリオについて話します。
皆さんサンリオはご存知だと思います。
あの、キティちゃんやらを作った有名な会社です。
小学生の頃は皆さんもお世話になったことでしょう。

先日ですね、なぜか唐突に「けろけろけろっぴ」という言葉に脳内を支配され、なんだか懐かしい気持ちになったのでYahoo!でサンリオを検索したのです。

するとオフィシャルホームページに当然辿りつき、キャラクターのページを色々見て、あーこのキャラのグッズ持ってたなぁ~とか楽しい気持ちになっていたのですがあるキャラによって突如一転。

「笑う女」。

もう一度言います。「笑う女」。

サンリオですよ?

キャラはかわいい女の子なんですが名前が

「笑う女」。

女。こわ。しかも頭上には「はははは」と文字が。
なぜ採用に至ったのか、謎すぎる。

それ以降また色々見てたんですが、ほぼカオスキャラだらけです。

「ビッグチャレンジ」という、チャレンジ精神を微塵も感じないただのワニ。

ただのキリンなのに、キャラ名が「きりん」。
少しはひねろう。
そして、せめて服を着せる等して擬人化しよう。

1970年代に作られたにもかかわらず、yahoo!と声をあげるキャラ(名前忘れた)。

その他にも「ぽんぽんひえた」「ニャニィニュニェニョン」「ボ、ボクねずみ小僧だい」「おきがるふれんず」「ゾウジテンシャ」等、カオスキャラが後を立ちません。

とにかく一度あなたの目で確かめてみて下さい。
私は近いうちにサンリオピューロランドについて調べかねません。
だれか止めて下さい。
今月はこれ以外皆さんに伝えたいことがないです!
えー、以上です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [コラム] ハヌマーンえりっさの「意味なんてなぁい。」(2010年03月号)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fireloop.net/magazineadmin/mt-tb.cgi/86