Fireloop Magazine online

大阪・天王寺から発信するオンラインミュージックマガジン

国吉亜耶子and西川真吾Duo
国吉亜耶子and西川真吾Duoインタビュー

昨年5月リリースのセルフタイトルのフルアルバム「国吉亜耶子and西川真吾Duo」から、1年未満で4月24日にリリースされた最新作「RECORD」。二人の音楽が記録されている、ということであり、その音楽には二人の中に刻み込まれてきたものが記録されている。それは一体何なのか、少しでも近づいてみたくてお話を伺ってきた。

――今回のアルバムもめちゃくちゃ良かったです。約1年ぶりということですが、お二人ってライブもかなり多い印象で、僕の中でも「いつ制作をしているのか不思議なミュージシャン」の上位なんですよね(笑)。

国吉:本当はあんまり曲を作るということを意識せずに、生活している中で生まれてくるほうが理想ではあるんですが、やっぱり曲を増やさなきゃなあとか、次の作品がいつ出るとか期限が決まってなかったとしても、作りたいっていう欲求が高まった時には、例えば今回CDに入れたうちの3曲は、前回のツアーが終わってからワンマンとの間に1ヶ月ぐらい時間があったので、その間に埼玉と群馬の境目ぐらいの所に2泊3日ぐらいで合宿に行って、ずっとスタジオに入りっぱで、みたいなことはするかなあ。都内でも一日中スタジオにいるとか。

西川:24時間ぐらい普通にいますね。結構メリハリじゃないですけど、やる時にガッとやって。

――作るモードの時にスイッチ入れてって感じですね。そのワンマンの時も新曲やってましたよね。その時に新曲が3曲ほど聞けたことで、「あ、新しい作品が出るのかな」みたいな予兆にも感じて嬉しかったですね。

西川:ワンマンの時には、完全ではないですけど大まかには今作リリースまでのスケジュールはたってましたね。

――今作はタイトルが「RECORD」。1曲めが「レコード」で最後の曲が「遺伝子ヒストリー」で、RECORDって音楽を聞くメディア・媒体という意味と、単純に記録っていう意味もあるなあと思って。

国吉:記録ですね。

――僕それは、遺伝子ヒストリーを聞いてて思いましたね。あ、「記録」なんだなって。”過去からのメッセージ”っていう歌詞を聴いた時に。今作の歌詞で、国吉さんの歌詞ってパーソナルな内容をベースに書いてらっしゃるんだろうなと思いつつ、取りようでなんとでも解釈できるなとも思います。

国吉:大枠は気にします。細かいことは結構どうでも良くて。ただ、曲の中でのテーマは1つだけ決めて。誰かしら一度でも思ったことがあるだろう、これからかもしれませんけど、ターゲットを考えた時に人間なら生きてれば必ず通りそうな感情を、自分の中で咀嚼して咀嚼してって感じですかね。

――例えば「君」っていう二人称をそのまま受け取っても成り立つし、差し替えてもその人なりにフィットするなと。

国吉:人によってはそうですね。恋愛の歌と思う人もいれば、兄弟の歌と思う人もいて。生きている人かもしれないし、死んだ人のことかもしれないしとか。

――僕の中ではお二人は、すごく「繋がること」とか人との出会い、一期一会を大切にされてるという印象なんですが、そういう部分も遺伝子ヒストリーには強く出てるなあと。今まで自分が見聞してきたものが美しいものだったというような表現をされてることが多いなと思ったんですが、繋がりを大切にされている方がそういう表現をされていると、出会った瞬間に、逆にその終わりを感じちゃったりするんじゃないかと勘繰ったりしちゃったんですが。

国吉:誰かにとって、凄く特別な存在になることっていうのは幸せでもあるけど、やっぱり必ず別れはやってくるわけで。男女間の別れならまだいいんですけど、死ぬっていうことが絶対あって、毎日死に近づいていってるわけで、それは結構考えてるかもしれないですね。自分がおばあちゃんを亡くした時に、2~3年ぐらいずーっとずーっと引きずってて、悲しくて悲しくて。それは大切に思っていた気持ちが大きかったが故にそういう事になったんだなと思うと、誰の大切な人にもならないほうがいいんじゃないかと思ったこともあります。

――M10「お別れのうた」の「私をなるべく早くに忘れてね」みたいなことですかね?

国吉:あれは結果的にはそうなんですけど。「お別れのうた」はおばあちゃんじゃなくて、おじいちゃんの事だったんですけど、お葬式の時に感じたことをそのまま「お別れのうた」っていう曲にしたんです。おじいちゃんが亡くなったことがきっかけで懐かしい人が集まってきたり、なかなか会えなかった人なんかに会える機会ができたことが、最後のプレゼントみたいに感じたんです。おじいちゃんが生きてきて作った最後の世界というか。新しい出会いをもたらしてくれたっていうか。

――おじいさんが最後に見せてくれたものということですね。

国吉:この人はこういう生き方をしてきたんだなあと。「これからは自分はいないけど、君たちで上手いことやってくれよ」みたいに感じました。自分も死ぬ時はこう思って死にたいっていうことですね。嫌なことからの方が得るものが多くて、私の場合は。何かをAとBから選択するタイミングでAを選択した場合、何かに直面した時にBにしておけば良かったと思うことはあって、でも結局このまま進めばあの時Aにしておいて良かったなって思えるように、うまい事できてるんだろうなって思うので…。全部が美しくって取りたがってるだけなのかもしれませんけど。

――なるほど…。おじいさんのお話のように、そういうメッセージが脈々と繋がっていくというのは、僕も最近すごく感じるので、かなりタイムリーに響きました。

1 2 3