[コラム] ゆかわまりをの「質実剛健親愛包容」(2014/01)


あンパンマンのOPテーマについて、
けっこう
まえから、また
しょっちゅう、言われ
ていることだけど、愛と勇気だけが
おれの友達だ、他の
めんばー、つまり一緒に番組に
でている出演者
とは、友達でない、これは何事か!と言
う議論がなされているのを、拝見することが




すが、このことについて、ふと。

つまり、やなせたかし氏が言う、「愛と勇気」とは概念部分を指すのではないかと。

アンパンマンにはジャムおじさんやカレーパンマン、食パンマン等、たくさんの仲間がいますが、アンパンマンがその仲間達から愛を感じ、勇気をもらっていることに疑問を差し挟む余地はありませんね。

つまり、愛や勇気をもらえる仲間や家族こそが『TO・MO・DA・CHI』であり、うわべの付き合いしかない知り合いは友達とは呼べないんじゃないかってことを示しているじゃないかと。

ちなみに、ライブではちょいちょい申し上げておりますが、我々のSUNVULCANという名称も、バンド名ではなく、概念なんですね。

音源を聴いた、ライブを観た、この時に「カッコイイ」「素敵」「ムカつく」「しょぼい」など、何か込み上げるモノを感じた時、あなたもそう、SUNVULCANであり、我々と同じメンバーであるわけなんです。

そんな概念としてのSUNVULCAN、並びにその事実上のリーダーであるわたくしゆかわによる当コラムを、今年もよろしく。


年始なんで抱負をやっぱ書いとかなアカンなと。今年はここらに載ってる皆さんとオフ会したいな〜飲み会でもいいけど、やっぱ対バンなぞして、コラムに対する想いをぶつけあいたいです。

それと共に筆者の作文力も強化して、多くの方に愛されるコーナーにしたいです。まる。

また来月!