[コラム] ゆかわまりをの「質実剛健親愛包容」(2013/08)


戸建て住宅に転居した。毎週の様に、狂った様に、通うIKEAで買い足した家具の組み立てに追われる日々が、そこには確かにあった。存在した。イグジステンス。誰もかれもの存在ならば、いつも認めざるを得ないもの、それでもう僕の愛の言葉は何の意味さえ持たなくなる……WohWohWoh………前回のコラムで、いおかゆうみさんも触れてたが、家具の組立は男子でも困難を極めるもの。部品を間違える・なぜか足りなくなる・と思えば余りが出てくる・自分の手をトンカチで打ち付ける……とかね。私、これでも学生の頃、図画工作は得意で、よく試験で満点取ってたのよ。なのに可笑しいね、さっちゃん。ん。こんなとこに、人生。

さらに自慢すると、私、音楽のテストも得意で、よく満点もらってたんやけど、吹奏楽部を辞めた日以降、部の顧問である音楽の先生は、テストは満点でも平常点において絶対満点をくれなくなりました。これも可笑しいよね。今で言うところのパワハラだよね。当日はそんな言葉なかったし。

国語はいつも赤点だった筆者のコラムを御覧いただき、本当にありがとうございます。

ところで前回、私に2000万〜8000万円の融資の話が来ているとお伝えしたが、融資元の情報(住所・氏名・連絡先)が記載されていたので、早速ググってみた。

したらば、その名前はなんだか詐欺だよ、とか、アポとっちゃいけない電話番号・メアドのリストに含まれちゃったりしてて、私は涙と共に、融資のお誘いのメールを携帯から拭い去ったのでした。嘘。別に泣いてなんてない。ゴメン、最初から釣りって完璧にわかってた。誰も傷付けぬ、気まぐれの様な、優しい嘘すらさえも、愛したい。

ちなみにネットに載ってた自分の振込先を教えてしまったという事例を紹介すると、例えば30万円振り込まれて、それは闇金が融資したことになってて、一ヶ月後に闇金から40万円の請求が来たりするケースもあるんだって。みんな、気をつけて。

ところで先週は、その引越した家の近所のアタクシの目の前で、引ったくりが発生するの見ちゃいました。人生初。被害者は若い女性でしたよ。いや、若いかはわからんけど、声は高かった。しかしそれだけじゃ若いかわからんよね。そもそも何歳以下を若いと定義づけるか、読者の年齢層によっても異なるわけで、それを声がなんか高いってだけで、十把一からげに若いと決め付けるのは、写真の様な方々もおられるため非常に危険、誤解を生む源とも言えるのだけれど、ともかく怖いね、大阪市内。



カバンは車道の反対側に抱えましょう。前カゴもあぶないよ!

写真はガンとばす少年。引ったくりするような不良少年にはならないでね…。

おさなご02